歡迎光臨 我的中国旅行:浙江省杭州市
浙江省杭州市 
Zhejiang sheng Hangzhou shi 
 ホーム浙江省>杭州市

都市名
  杭州市。浙江省の省会。有名な七大古都のうちの一つ。西湖周辺はとても綺麗で、今まで行った都市の中では一番じゃないでしょうか。また浙江省博物館は展示物が多く結構楽しめます。(1995年12月)
  富陽区。中心地は富春街道。上海へ来て仕事を探しているもののあまり芳しくない。お金もないのだが、気分転換で近くへ旅行することにした。富陽、ここは三国時代呉の帝王孫権の故郷である。その子孫が今でも暮らしている街や村が存在している。まずは龍門鎮へ。この存在は、中国旅行を始めたころにとある方から薦められて知っていた。もう15年も前のことだろうか。そのときは、自分自身の旅の技術も未熟で大きな街から少し離れたところへ行くことさえできなかった。今となっては、どこへでも行ってしまうのだが。龍門鎮、孫権故里として売り出し中。でも本当の故里はここではない。翌日に訪れた場口鎮瓜江村がそうなのだ。地元のじいさんが「本当の故里はここなのに、龍門鎮にとられちゃったよ。」とぼやいていた。その他、曹操曹植の子孫が暮らしているという上村など、三国志密度の高い場所となっている。(2009年5月)

岳王廟 Dec. 1995
Yuewangmiao
thumbnail 宋代に金と戦った名将岳飛を祀った廟。岳飛は南宋紹興十一年(西暦1142年)、不戦派の趙構、秦桧に殺害された。その後、孝宗帝が即位、ここに亡骸を葬った。
岳王廟 Dec. 1995
Yuewangmiao
thumbnail 「盡忠報國」は「忠義を尽くし、国に報いる」という意味。岳飛は愛国心に篤い名将として、中国人の人気も高い人物である。
孤山 Dec. 1995
Gushan
thumbnail 西湖の北側、里湖と外湖の間にある島で小高い山になっている。梅の花が多いので梅嶼とも呼ばれる。南麓には文瀾閣、浙江省図書館や浙江省博物館などが立ち並ぶ。山頂には西泠印社、山の後ろには中山記念亭もある。
六和塔 Feb. 2001
Liuheta
thumbnail 銭塘江沿いの月輪山に建つ。北宋開宝三年(西暦970年)呉越王銭弘俶によって建てられた。塔の上に灯りをともして灯台の役目も果たした。その後兵火などに遭い消失、現存する塔は南宋紹興二十三年(西暦1153年)に再建されたもの。高さ約60m。
龍門鎮 May. 2009
Longmenzhen
thumbnail 
龍門鎮 May. 2009
Longmenzhen
thumbnail 
上村 May. 2009
Shangcun
thumbnail 
雄瓜地 May. 2009
Xiongguadi
thumbnail 
西湖 Dec. 1995
Xihu
thumbnail 古くは武林水、銭塘湖、西子湖と呼ばれた湖。三潭印月、蘇堤春暁、平湖秋月、雷峰夕照、曲院風荷など西湖十景と言われる美しい景色が広がる。
文瀾閣 Dec. 1995
Wenlange
thumbnail 清乾隆四十七年(西暦1782年)に完成。百科叢書「四庫全書」を納めた書閣。蔵書は36000冊にも及んだ。揚州文匯、鎮江文淙とともに江南三閣と称される。
靈隱寺 Dec. 1995
Lingyingsi
thumbnail 西湖西北の靈隱山麓に位置し、飛来峰に面する。中国の仏教禅宗十刹の一つ。五代呉越国時には2度にわたって拡建され、当時は9楼、18閣、72殿があり、僧徒3000人がいた。清康煕帝の南巡時に「雲林禅寺」の名を賜った。現存の寺院は19世紀に再建されたもの。
銭塘江 Feb. 2001
Qiantangjiang
thumbnail 旧暦の8月18日前後に高潮の逆流現象が日本でも有名な河。六和塔からの眺め。
龍門鎮 May. 2009
Longmenzhen
thumbnail 
龍門鎮 May. 2009
Longmenzhen
thumbnail 
化竹村 May. 2009
Huazhucun
thumbnail 
孫権故里 May. 2009
SunQuan Guli
thumbnail 

都市名
  建徳市。中心地は新安江街道。予定はしていなかったが、通過するだけじゃ勿体ないような気もしたので立ち寄る。どこへ行こうかと地図を見ていると、梅城鎮が目に付いたので行ってみる。ここも歴史のある街だ。まずは新安江沿いへ行って古い塔などを眺めてみる。そして街へ戻って散策。古い街だけあって城門も残されていた。新しく建てたものもあったけど。牌坊のある通りを歩いていると、建徳侯と刻まれた牌坊があった。よく見てみるとこれも三国時代呉の人物孫韶を記念したものだった。ここは孫韶の故郷。後から調べてみると、どうやらここは呉太国の故郷でもあるようだ。呉太国の使っていた古井戸もあるとか。まぁ、いろいろと言い伝えは残っているもんだね。(2009年5月)
新安江 May. 2009
Xin'anjiang
thumbnail 
圓通寺 May. 2009
Yuantongsi
thumbnail 
厳州府 May. 2009
Yanzhoufu
thumbnail 
孫韶故里 May. 2009
SunShao Guli
thumbnail 

都市名
  桐廬縣。中心地は城南街道。富陽から淳安まで行く途中に立ち寄った。特に面白そうな場所がなかったので、街中の寺へ行ってみた後、富春江沿いを歩いてみた。しかし、もう5月にもなると日差しが強くて暑い暑い。(2009年5月)
圓通寺 May. 2009
Yuantongsi
thumbnail 
富春江 May. 2009
Fuchunjiang
thumbnail 

都市名
  淳安縣。中心地は千島湖鎮。千島湖はかなり有名な湖だ。でも目的はこの湖ではなく、三国呉の武将賀斉だった。夕方、淳安に到着。まずは宿を探す。金もないので安宿にしか泊まれない。でも最初に入った宿には断られた。外国人はダメだと。次の宿はなんとか登記できたので、荷物を置いてちょっと外へ出て街を見て回る。宿へ戻ると声をかけられる。「派出所へ直接行って登記してきて。」と。なんだ面倒くさいな。仕方ないので近くの派出所へ。「あの宿に泊まるから登記してくれ。」と頼んだのだが、「外国人は泊まっちゃダメだ。」と言われる。高いホテルを薦められたが、そんなところに泊まる金があるなら苦労しないんだって。公安のおっちゃんとどうするんだという話が続く。するとおっちゃんが知り合いのホテルへ電話してくれて、なんとタダで泊めて貰えることになった。いやはや、貧乏って辛いね。でもお世話になりました。ちなみに千島湖も門票が高いので、周辺から眺めることに。(2009年5月)
千島湖 May. 2009
Qiandaohu
thumbnail 
千島湖 May. 2009
Qiandaohu
thumbnail 
賀斉像 May. 2009
HeQi Xiang
thumbnail 
賀廟 May. 2009
Hemiao
thumbnail 

©1996-2015 Kanoda Yoshihito. All rights reserved.