歡迎光臨 我的中国旅行:浙江省紹興市
浙江省紹興市 
Zhejiang sheng Shaoxing shi 
 ホーム浙江省>紹興市

都市名
  紹興市。紹興と言えばやっぱり紹興酒を思い浮かべるのかもしれない。私はどうにもこの手の酒は飲めないので、お土産にも買わなかった。歴史の長い街であり、そのため見所も多い。(2000年5月)
東湖 May. 2000
Donghu
thumbnail 言い伝えでは秦始皇帝が東巡時にここへ訪れ、車を止めて馬を休めたとされる。東湖の山は堅い石が多く、漢代から採石が始まり、山を削ることによって湖ができた。
魯迅記念館 May. 2000
Luxun Jinianguan
thumbnail 文豪魯迅の記念館。魯迅の本名は周樹人。周家は紹興で14代続き、官僚も輩出した良家。しかし魯迅の祖父が投獄されたのを機に没落した。
三味書屋 May. 2000
Sanwei Shuwu
thumbnail 魯迅が1892年から1897年まで勉学をしていた場所。清末期の私塾で、官僚の師弟に教育を行っていた。中には当時使われたものがそのままの残され、魯迅が使っていた机には自らの遅刻を戒める「早」の文字が刻まれている。
蘭亭 May. 2000
Lanting
thumbnail 東晋の大書法家王羲之の撰書「蘭亭集序」には永和九年(西暦353年)三月三日に、この地で王羲之とその友が禊ぎを行ったと記されている。
東湖 May. 2000
Donghu
thumbnail 石橋が9座架けられ、陶公、仙桃と呼ばれる2つの洞穴もあり、船で通ることもできる。湖畔には香積亭、聴湫亭などが建てられ、人口の湖だが、なかなか趣がある。
魯迅故居 May. 2000
Luxun Guju
thumbnail 都昌坊口19号。1881年、魯迅が誕生してから、学問のために故郷を離れる1898年まで生活。また1910年から1912年の間、教師として戻り、その間に「会稽郡故書雑集」や「古小説鉤沈」、処女小説「懐旧」などを完成させている。裏側には菜園の百草園などもある。
蘭亭 May. 2000
Lanting
thumbnail 現在の建築物と庭園は明嘉靖二十七年(西暦1548年)に再建されたもの。御碑亭には清の康熙、乾隆二皇帝の御碑が立つ。他にも康熙皇帝による蘭亭碑など、数多くの碑がある。また鵝池の畔に建つ石碑亭の「鵝池」の石碑は王羲之の書だと言われている。

都市名
  諸曁市。中心地は曁陽街道。中国の友達が「五泄はとても綺麗だから今度来たら一緒に行こう」と言われ、連れてきて貰った。浙江省は本当に綺麗なところが多い。ところでこのあたりの名産品で黴干菜というものがある。これで作ったスープにはまってしまった。このスープとご飯があれば満足満足。(2000年5月)
五泄 May. 2000
Wuxie
thumbnail 諸曁市街から西へ25km、五泄には一泄から五泄までの美しい5つの滝がある。2つの山が川を挟み、五泄溪と呼ばれている。また標高280mのところには唐元和三年(西暦808年)に建立された五泄寺があり、「七十二峰深處」の文字が見られる。
五泄 May. 2000
Wuxie
thumbnail ここは一泄のあたり。水も澄んでいて綺麗だ。雨上がりで人が少ないときにもう一度来てみたい。できれば雨期の後で水量が多いときに行けば、もっと美しいだろう。
天元塔 May. 2000
Tianyuanta
thumbnail 今回諸曁では友達の彼女の家に泊めて貰った。五泄に近い草塔鎮の田圃の中に建つ塔。由来とかは分からないが、友達が見に行こうと言うので、夕飯前に散歩がてら行ってきた。
五泄 May. 2000
Wuxie
thumbnail 私が行ったときはちょうど中国でも長期休暇の真っ最中、大勢の観光客が水と戯れていた。滑って水浸しになると歓声が上がる。
西施故里 May. 2000
Xishi Guli
thumbnail ここ諸曁は中国古代四大美女の一人、西施の故郷。春秋末期、呉越の覇権争いで越が敗れ、西施は越王により呉王の元に送り込まれ、越国の復興のために貢献した。
西施故里 May. 2000
Xishi Guli
thumbnail 西施は平民の少女であったが、美貌も舞芸も群を超えた。それゆえ呉王は政務を疎かにし滅亡を招く。

©1996-2015 Kanoda Yoshihito. All rights reserved.