歡迎光臨 我的中国旅行:安徽省黄山市
安徽省黄山市 
Anhui sheng Huangshan shi 
 ホーム安徽省>黄山市

都市名
  黄山市。黄山からの眺めはとてもよい。私が訪れたときは天候に恵まれ登山にもってこいの日だった。雲海はみられなかったのは残念だ。慈光閣から玉屏楼までの新しいロープウェイも完成しており体力さえあれば1日で見て回ることも可能だろう。排雲亭から松谷庵までのロープウェイも完成しているようだ。山上のホテルでも食事は高いまずいだった。(1998年3月)
黄山迎客松 Mar. 1998
Huangshan Yingkesong
thumbnail 黄山十大名松の一つ。黄山南部玉屏楼の東、文殊洞頂にある。主人が手を伸ばして客を迎える姿に似ているところからこの名が付いた。
黄山蓮花峰 Mar. 1998
Huangshan Lianhuafeng
thumbnail 黄山三大主峰(蓮花、天都、光明頂)の最高峰で海抜1873m。石段が整備されているものの、登りはきつくやっとの思いで頂上まで登った。
黄山飛来石 Mar. 1998
Huangshan Feilaishi
thumbnail 黄山西部飛来峰にある。石の高さは約10m、山の岩とは完全に分離しいているので飛んできたのではないかとされる。形が仙桃に似ていることから仙桃峰とも呼ばれる。明代の程玉衡が「策杖游茲峰、怕上最高處、知爾是飛来、恐爾復飛去」と詩を詠んでいる。
潜口民宅 Mar. 1998
Qiankou Minzhai
thumbnail 潜口、許村に散在していた11の明代建築物を、1984年から徽州区潜口紫霞山麓に移築した。「原拆原建、整旧如旧」を原則として、当時の姿が保たれている。
黄山猴子石 Mar. 1998
Huangshan Houzishi
thumbnail 獅子峰の頂上にある。形が猿に似ていることから、この名が付いた。雲海がでていれば「猴子觀海」と言われるように、猿が海を眺めているように見えるのだろう。
黄山九龍瀑 Mar. 1998
Huangshan Jiulongpu
thumbnail 羅漢峰と香炉峰の間にある滝。黄山で最も壮麗だと言われている。増水時には9匹の白龍が天に昇っているように見えるそうだ。古人が「飛泉不譲匡廬瀑、峭壁撑天掛九龍」と詩を詠み讃えている。
屯溪老街 Mar. 1998
Tunxi Laojie
thumbnail 黄山市内は以前、屯溪と呼ばれていた。清代の建物が多く残っている。屯溪の名は三国時代、呉の威武中郎将賀齊が黄山地区の少数民族「山越」を討伐するときに、新安江、横江、率水の3つの河が交わるところで兵を集めたことから付いた。
潜口民宅 Mar. 1998
Qiankou Minzhai
thumbnail 民宅内部。潜口民宅は17000平方メートルの敷地を占め、山門1つ、祀堂3件、民宅4件、石橋、牌坊、路亭が一つずつ残されている。

都市名
  歙縣。中心地は徽城鎮。黄山市の中の縣で黄山市内から車で1時間くらいでいける。この街は硯の名産地で有名である。どうしても黄山にとらわれがちだが、近くにいろいろあるので時間があれば回ってみるといいだろう。(1998年3月)
許国石坊 Mar. 1998
Xuguo Shifang
thumbnail 明代の典型的な石坊建築物。明万暦十二年(西暦1584年)に、武英殿大学士の許国、字は維楨の功績を讃えるため建てられた。文字は明書法家董其昌が刻んだ。
石碑坊群 Mar. 1998
Shibeifangqun
thumbnail 棠樾村坊群。この村の鮑氏一族の功徳を讃えるための石碑坊7座。そのうち三間四柱衝天柱碑坊の5座は清代、三間四柱三楼碑坊の2座は明代のもの。
花畑 Mar. 1998
Huapu
thumbnail 黄山で一番心に残ったのがこれ。行く先々でこの油菜の花が栽培されて咲き乱れている。車に乗って移動のときも車窓から河畔に満開の黄色の花が目に映った。
水牛 Mar. 1998
Shuiniu
thumbnail 水牛もよくいた。沿岸部に比べるとだいぶん田舎のような気がして、長閑さがする。しかし中国ではこれでもド田舎と言うほどではないのだろう。

都市名
  黟縣。中心地は碧陽鎮。こちらも黄山市の縣で市内から車で2時間ほど。山の中にある小さな街である。山肌にはよく茶畑もみかけた。西遞古鎮は世界遺産として2000年11月30日に安徽古村落として宏村と共に登録された。(1998年3月)
西遞古鎮 Mar. 1998
Xidi Guzhen
thumbnail 
西遞古鎮 Mar. 1998
Xidi Guzhen
thumbnail 

©1996-2015 Kanoda Yoshihito. All rights reserved.